2008年03月14日

成長痛について(1)

成長痛とは『成長期に発生する原因不明の痛み』のことです。幼児期の子供や、小学校低学年の子供が夜寝ていると急に泣き出して、足の痛みを訴えます。成長痛というと、一般的に膝の痛みを指しますが、それ以外にも膝関節やふくらはぎ、太もも、足関節、脚の付け根、かかとなどに痛みを感じる場合もあります。
こうした成長痛を感じる時期は、大きく分けて@2歳から小学校低学年の子供の場合と、A小学校高学年から中学・高校生くらいの二通りに分けられ、オスグットシュラッター病(オスグット症候群)・ジャンパー膝などがこれに当たります。実は病名として「成長痛」と呼ばれるものは無く、一般に検査で異常がなく、原因不明のときに仕方なく「成長痛と思われます。」と言われることが多く、体の成長と痛みに直接の関係は無いとされています。
こうして病院で「成長すれば、なにもしなくてもそのうち良くなる。」と特段これといった処置をしませんが、成長痛の度合いによってはスポーツが出来ずに部活動を辞めざるをえなくなったり、体育の授業を受けれなくなるなど、生活に支障をきたすものもありますので、放っておいて良いものではありません。

この痛みの原因は、次のケースが考えられます。
1.骨の成長に筋肉の成長が伴わないため、筋肉が引っ張られた緊張状態になること
2.スポーツなどの過度な練習による身体の同一部分、膝などにストレスが反復されること
3.体の歪み
4.精神的な要因

この中でも、根本的な痛みの原因は“筋肉の緊張”です。
筋肉の緊張が痛みの原因なので、マッサージやストレッチをすれば良くなるのでは?と思ってしまいますが、ただそれだけで良くはなりません。より専門的な緊張のとり方が必要になります。
当院へ来院されたお子さんも、接骨院・マッサージ・カイロなど色々試したそうですが、これといった効果が得られませんでした。しかし、当療法では専門的に『成長痛に効果のある治し方』が確立されていて、実際に高い実績を上げているので、何度か施術を行うことで改善させることが出来ました。
成長痛にお悩みのお子さんの親御さんは、お気軽にご相談ください。

次回は症例の報告です。

〔藤井先生プロフィール〕
藤井龍磨(ふじい りゅうま)
村上整体専門医学院卒
職歴/接骨院勤務、整体院勤務、クイックケア勤務を経て、八千代台整体院を開業
⇒お気軽にご相談ください/yachiyoseitai@ybb.ne.jp

●八千代台整体院-relaku- 047-482-1527
千葉県八千代市八千代台南1-3-6テイトビル5階(地図)京成八千代台駅から徒歩2分、1階は美容院「GIA」
営業時間/10:00〜20:00
定休日/水曜・第3木曜
※電話(若しくは直接受付)にて要予約
※ホームページ/http://www.yachiyo-seitai.com/index.html
〔八千代ナビ!気になるお店レポート〕
2006年10月27日 産後に歪んだ骨盤の駆け込み寺!八千代台整体院-relaku-
posted by やちなび子 at 00:00 | Comment(0) | 藤井先生コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

40・50肩について(2)

前回は、40肩・50肩について、チェック方法や予防策などを交えてお話しましたが、今回は具体的な症例について紹介していきます。
→前回のコラム/40・50肩について(1)

〔50肩の症例 その1〕
40代女性の症例です。
首・肩こりを以前からお持ちで、最近ひどくなったら肩があがらなくなったとのことでした。上に30度挙げた角度で痛み、それ以上あがりません。
50肩は肩こりとも関連がありますので、まずは肩こりの治療から。すると60度まで挙がるようになり、さらに50肩自体の治療を行ったところ、ほぼ真上まで挙がるようになりました。2日後、再び症状が戻り、60度で痛むように。その折の施術後には、真上に挙げても痛みはなくなりました。
お仕事を頑張ったために痛みをぶり返すアクシデントもあったものの、5回の施術で痛みは消え、肩の動きも正常に戻りました。

〔50肩の症例 その2〕
60代女性の症例です。
2年前から、左肩を横と上に挙げると、痛みが出るようになったそうです。整形外科では50肩と診断され、接骨院に1年通われたものの、改善しないために来院されました。
初回の診察時には、上へ60度まで上がるものの、横は水平の角度で痛み、上がりません。左肩は硬く緊張していて、背骨も左寄りに歪みが生じています。
まずは肩の緊張をとりのぞき、背骨の歪みを修正。すると、真上まで腕が挙がり、横へは45度まで挙がるようになりました。以降、施術を3日置きに行うことで、少しずつ肩が挙がり、8回目でようやく痛みがなくなって肩の動きも正常になりました。
体調が悪くなると痛みが戻ることがあったため、現在も定期的に施術を行っています。

〔50肩の症例 その3〕
50代女性の症例です。
テレビで、ある女優さんが“これでダイエットに成功した!”という体操を行ったところ肩に痛みが走り、段々痛みが激しくなりました。夜には痛みで眠れなくなってしまったため、痛めた翌日に当院へいらっしゃいました。
肩は下げた状態からまったく挙げることができず、痛みも激しいために、うつ伏せにも仰向けにもなれません。横向きに寝ていただき、まずは肩の緊張を慎重に和らげ、背中・首も施術。そのあと、仰向けになれたので、その状態で再び体を整えていきました。
静止していればとりあえず痛むことがなくなりましたが、動かすとやはり痛い様子です。軽く冷やして、腫れを引かせるためのテーピングをして初回の施術を終了しました。
次の日に2回目の施術。「昨日は痛みがだいぶ治まり、ちゃんと眠ることが出来ました。」と笑顔も出るほど状態が改善されたようでしたが、それでも動かした際の痛みは変わりません。今回はうつ伏せにもなれたのでその状態で施術を行い、さらに仰向けで肩を緩めていくと、60度まで挙げられるようになりました。
以降、4回目まで毎日整体を続けました。徐々に肩が挙がるようになり、5回目で痛みを消失することが出来ました。
痛めた原因となった体操を見せていただきましたが、肩を過剰に引っ張るような動きがあります。これは確かに痛める方も出てきそうです。

50肩は、放っておくと1〜3年間ほど長期にわたって痛みが続くケースも珍しくありません。ほかの原因を施術する場合よりは、回復までに時間が掛かる傾向があるものの、それでも整体を行うことで、ほとんどの方が1ヶ月かからないで痛みが無くなっています。
50肩は施術で改善できる症状ですので、今お悩みの方もぜひお気軽にご相談ください。

〔藤井先生プロフィール〕
藤井龍磨(ふじい りゅうま)
村上整体専門医学院卒
職歴/接骨院勤務、整体院勤務、クイックケア勤務を経て、八千代台整体院を開業
⇒お気軽にご相談ください/yachiyoseitai@ybb.ne.jp

●八千代台整体院-relaku- 047-482-1527
千葉県八千代市八千代台南1-3-6テイトビル5階(地図)京成八千代台駅から徒歩2分、1階は美容院「GIA」
営業時間/10:00〜20:00
定休日/水曜・第3木曜
※電話(若しくは直接受付)にて要予約
※ホームページ/http://www.yachiyo-seitai.com/index.html
〔八千代ナビ!気になるお店レポート〕
2006年10月27日 産後に歪んだ骨盤の駆け込み寺!八千代台整体院-relaku-
posted by やちなび子 at 00:00 | Comment(0) | 藤井先生コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

40・50肩について(1)

突然肩に痛みが出て、腕が挙がらなくなる・挙げにくくなる50肩(または40肩)。
50肩というのは、その年代に発症しやすいためについた名称で、医学的には「肩関節周囲炎」といいます。痛みが出始めた急性期には、睡眠中にも関わらず、痛みで目が覚めてしまうほどに痛みを発します。その急性期が過ぎるといくらかは緩和するものの、痛みのため肩や腕はあまり動かせず、日常生活に支障をきたします。症状によっては、治癒するまで数年かかることも。
50肩は、肩関節の周囲にある三角筋・棘上筋・棘下筋・肩甲下筋等の筋肉・腱が過緊張・炎症を起こすことにより起こります。なぜ、50肩になるのでしょうか?その原因として、@首の骨や背中の骨のズレにより神経が圧迫され、神経に障害が起こること。A首〜背中・腕の筋肉が過緊張を起こし、姿勢が悪くなること。B内臓の疲労により、筋が緊張すること。C肩関節のケガによるもの、などがあります。最近ではBの内臓疲労による50肩が増えてきています。

注意して頂きたいのは「50肩」という一般に知られた名前から、ある程度の年齢にいかないとならない思いがちですが、若い方でもなることがあるのです。実は私自身も肩関節を痛め、50肩症状になったことがあります。以下に50肩になりやすい条件がありますので、チェックしてみてください。
  
〔チェック項目〕
1.最近、腕があげにくい気がする
2.肩関節を痛めたことがある
3.胃腸の不調が慢性的にある
4.運動不足である
5.食に偏りがある
6.手や腕の疲れがいつもある
7.慢性的な首・肩こりである     
8.首を痛めたり、ムチウチになったことがある

いかがですか?
2個以上あてはまった方は、50肩になる可能性がある方です。日常生活を改め、予防をするようにしましょう。3個以上あてはまった方は、50肩になる可能性が高い方です。今すぐにでも予防と対策を行いましょう。

〔予防策〕
腕を肩より高くあげる・肩をまわす“体操”を行いましょう。肩を回す際に、ただ肩をグルグル回すのではなく、肩甲骨を動かしながら肩をまわすことがポイントです。ラジオ体操等を行うのもいいでしょう。
食が偏りがちな方はバランスのよい食事をこころがけ、緑黄色野菜を多く摂るようにしてみましょう。
過去に首を痛めたり、ムチウチになったことのある方で、コリや痛み、違和感を感じるようでしたら、早めの治療や休息をとりましょう。すでに50肩症状が出始めている方は、そのまま放置すると悪化して痛みが増し、ますます肩が挙がらなくなることがありますので、早めの対応が必要です。
50肩は、有効な治療法がないようにいわれていますが、当院の療法では50肩治療が確立されていて、痛み・症状の改善が可能です。ぜひお気軽にご相談ください。

一度なると、日常生活にも支障をきたしてしまう厄介な50肩。ならないように、日頃から早めの対応を心がけましょう。

次回は、症例の紹介です。
続く

〔藤井先生プロフィール〕
藤井龍磨(ふじい りゅうま)
村上整体専門医学院卒
職歴/接骨院勤務、整体院勤務、クイックケア勤務を経て、八千代台整体院を開業
⇒お気軽にご相談ください/yachiyoseitai@ybb.ne.jp

●八千代台整体院-relaku- 047-482-1527
千葉県八千代市八千代台南1-3-6テイトビル5階(地図)京成八千代台駅から徒歩2分、1階は美容院「GIA」
営業時間/10:00〜20:00
定休日/水曜・第3木曜
※電話(若しくは直接受付)にて要予約
※ホームページ/http://www.yachiyo-seitai.com/index.html
〔八千代ナビ!気になるお店レポート〕
2006年10月27日 産後に歪んだ骨盤の駆け込み寺!八千代台整体院-relaku-
posted by やちなび子 at 00:00 | Comment(0) | 藤井先生コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

猫背について(2)

前回は、大きく3パターンに分けられる猫背のうち、「猫背姿勢」と「くび猫背姿勢」についてご紹介しましたが、今回は腰の反りが強く生じている「反り猫背姿勢」について、さらに猫背の対策についてお話していきます。
→前回のコラム/猫背について(1)

B反り猫背姿勢
この猫背姿勢の特徴は、腰の反りが強く、骨盤が前傾していることです。横から見ると、猫背であることは前述の猫背姿勢と変わりませんが、背中から腰へのラインがへこんでいて出尻になっています。さらに、背中が猫背であるために、首から腰のラインが強いS字になっています。

200110-1.seitai.gif

原因は、骨盤の前傾とそれに伴う腰の過剰前弯、胸・背部のアンバランスによる胸椎の過剰後弯です。これは女性に多くみられる姿勢で、この姿勢は、猫背による肩こりだけではなく、腰の反りが強いために腰痛になりやすくなっています。また、重心が前過ぎるために、膝への負担が強く、膝痛になりやすい傾向があります。
軽いものであれば、腹部の筋肉の強化と胸背部のストレッチ等で改善できますが、反りの強い方は、骨盤・腰椎の矯正と背中・胸部の筋肉の緊張をとる施術が必要です。

【対策/猫背の自己療法】
1.普段の姿勢を注意しましょう。
猫背の人は顔が前方に出ているので、顎をひくようにし、背筋を伸ばすようにします。

2.腕立て伏せ
猫背は胸部の筋肉が弱く、肩が前に傾いていることが大きな原因なので、胸部の筋肉の強化を行いましょう。腕を肩幅より開いた、腕立て伏せを行います。足を伸ばしてできない方は、膝をつけても構いません。回数は多くできればいいのですが、できない方は、10〜15回程度から始めて、徐々に回数を増やしましょう。

3.バンザイ体操
この体操は、胸を開き、首・肩・背中の緊張を緩め、姿勢を良くし、猫背の改善効果があります。肩こりにも有効がです。

@肘を曲げて、手を肩の高さに挙げます。
A息を吸いながら、胸を開くように手を引き顔を後ろに反らします。この状態で10〜15秒キープ。
B10〜15秒たったら脱力します。
(@〜Bを3〜5セット繰り返します。)

200110-3.seitai.gif

以上が自分で行える猫背予防法です。軽い猫背であれば、自己療法と筋力強化で改善できるので、やってみてください。行っても改善しない場合は、体の歪み・筋肉の緊張が強くあり、自己療法では対応しきれない状態なので、これは施術を行う必要がありますので、当院にお気軽にご相談ください。

〔藤井先生プロフィール〕
藤井龍磨(ふじい りゅうま)
村上整体専門医学院卒
職歴/接骨院勤務、整体院勤務、クイックケア勤務を経て、八千代台整体院を開業
⇒お気軽にご相談ください/yachiyoseitai@ybb.ne.jp

●八千代台整体院-relaku- 047-482-1527
千葉県八千代市八千代台南1-3-6テイトビル5階(地図)京成八千代台駅から徒歩2分、1階は美容院「GIA」
営業時間/10:00〜20:00
定休日/水曜・第3木曜
※電話(若しくは直接受付)にて要予約
※ホームページ/http://www.yachiyo-seitai.com/index.html
〔八千代ナビ!気になるお店レポート〕
2006年10月27日 産後に歪んだ骨盤の駆け込み寺!八千代台整体院-relaku-
posted by やちなび子 at 00:00 | Comment(0) | 藤井先生コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月15日

猫背について(1)

私たち日本人は、欧米の方に比べて姿勢の悪い方が多くいらっしゃいます。中でも猫背は“姿勢の悪さ”の代名詞のように使われるほどよく見かけますが、猫背にはいくつかのタイプがあることをご存知でしょうか?今回は、猫背についてのお話と、その対策についてご紹介していきましょう。

猫背には、「猫背姿勢」、首が前に出ている「くび猫背姿勢」、腰の反り強くある「反り猫背姿勢」と、大きく3パターンに分けられます。  

@猫背姿勢
背中が丸くなっている=猫背の典型のタイプ。
背中の丸みの頂点が、背中の真ん中あたりにあるのが特徴です。「猫背姿勢」を骨格の位置でみると、首の骨が前に出ていて、背中の背骨である胸椎が後ろに出ています(後弯)。そして骨盤はやや後ろに傾いています。
原因は胸部の筋肉が弱く、背中とのバランスが悪いこと。また、腰・腹部の背骨の筋肉が弱めであることが挙げられます。このタイプは、胸部の筋肉が緊張や背中の筋肉の緊張を伴っていることが多く、男女問わず、比較的よくみられる猫背です。特に事務・パソコンなどデスクワークの方は、なりやすい姿勢です。
対策としては、まずは胸部・背中の筋肉の緊張を和らげることが大切です。軽い腕立て伏せなどで胸部の筋肉を強化することも効果的でしょう。 

191215-seitai.gif
  
A首猫背姿勢
「首猫背姿勢」は首が前に出ていることと、お腹の出っ張りが目立つ猫背で、特に肥満気味の方に多く見られるタイプです。姿勢の悪さからお腹が突き出しているために、腰への負担が強く、猫背によって生じる肩こりだけではなく、腰痛も出やすくなります。しかも、お腹を突き出しているために、太って見えてしまうという損な姿勢でもあります。「猫背姿勢」との違いは、背中の丸みの頂点が肩よりの高さにあることです。
骨格の位置でみると、骨盤が後ろに傾いていることが目立ち、頚椎の前弯があり、猫背の丸みも強めになっています。
原因は、猫背姿勢と同じく胸部の筋肉が弱く、腹部・腰の筋肉のバランスが悪いことによりますので、対策としては、胸部・背中の緊張を緩めるだけはなく、腹部・腰の筋力の強化が必要になってきます。

次回は、B反り猫背姿勢と、猫背の対策についてお話します。
(続く)

〔藤井先生プロフィール〕
藤井龍磨(ふじい りゅうま)
村上整体専門医学院卒
職歴/接骨院勤務、整体院勤務、クイックケア勤務を経て、八千代台整体院を開業
⇒お気軽にご相談ください/yachiyoseitai@ybb.ne.jp

●八千代台整体院-relaku- 047-482-1527
千葉県八千代市八千代台南1-3-6テイトビル5階(地図)京成八千代台駅から徒歩2分、1階は美容院「GIA」
営業時間/10:00〜20:00
定休日/水曜・第3木曜
※電話(若しくは直接受付)にて要予約
※ホームページ/http://www.yachiyo-seitai.com/index.html
〔八千代ナビ!気になるお店レポート〕
2006年10月27日 産後に歪んだ骨盤の駆け込み寺!八千代台整体院-relaku-
posted by やちなび子 at 00:00 | Comment(0) | 藤井先生コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

手・腕の疲れ・痛みについて(2)

前回は手・腕の疲れがどんな原因で引き起こされるのかをご説明しましたが、今回はより具体的に、部位別のセルフケア方法をご紹介します。
→前回のコラム/手・腕の疲れ・痛みについて(1)

手の疲れ・痛みは、普段どのような動作をとっているかで変わります。今回はデスクワークなどからくる疲れと、お料理などからくる疲れについてご紹介しましょう。

(1)デスクワーク・パソコンなどの手の疲れ

191126-1.seitai.gif

デスクワーク・パソコンを使用する方は、図の斜線部分に疲労が溜まりやすく、筋肉が緊張しています。指回し(前回コラムで掲載)・ストレッチを行うなどして、筋肉の緊張を緩めると循環が良くなり、疲労が抜けやすくなります。仕事や家事の合間に行うといいでしょう。

【チャレンジ!ストレッチ】
@肘を伸ばし、片手を手の甲(拳あたり)にあてます。
A手首を曲げて軽く引き、腕を10〜20秒ほどストレッチします。これを3〜5回繰り返します。
191126-5.seitai.gif

(2)調理(フライパン等)・重い物を持つ、などの手の疲れ

191126-3.seitai.gif

チャーハンなどを作るとき、フライパンを振っていると図の斜線あたりが疲れたりしませんか?家事はもちろん、調理関係の仕事で重いフライパンを頻繁に使用したり、運送業関係で重い荷物を頻繁に持つといったことによって出やすい手の疲れが、この位置になります。
指回しとストレッチを行い、なるべく疲れを残さないようにしましょう。

【チャレンジ!ストレッチ】
@手のひらを上に向けて肘を伸ばし、手のひらに片手をあてます。 A手首を反らし、片手で軽く引き、腕を10〜20秒ほどストレッチします。これを3〜5回繰り返します。
191126-6.seitai.gif

ストレッチを行う際は、力任せに無理に伸ばさず、気持ちよく感じる程度に筋肉をストレッチしてください。痛いのに無理に引き伸ばすと、かえって痛めてしまうことがありますのでご注意ください。

〔藤井先生プロフィール〕
藤井龍磨(ふじい りゅうま)
村上整体専門医学院卒
職歴/接骨院勤務、整体院勤務、クイックケア勤務を経て、八千代台整体院を開業
⇒お気軽にご相談ください/yachiyoseitai@ybb.ne.jp

●八千代台整体院-relaku- 047-482-1527
千葉県八千代市八千代台南1-3-6テイトビル5階(地図)京成八千代台駅から徒歩2分、1階は美容院「GIA」
営業時間/10:00〜20:00
定休日/水曜・第3木曜
※電話(若しくは直接受付)にて要予約
※ホームページ/http://www.yachiyo-seitai.com/index.html
〔八千代ナビ!気になるお店レポート〕
2006年10月27日 産後に歪んだ骨盤の駆け込み寺!八千代台整体院-relaku-
posted by やちなび子 at 16:55 | Comment(0) | 藤井先生コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

手・腕の疲れ・痛みについて(1)

私たちは日常生活の中で、手をよく使っています。
家事を行うとき、料理を作ってそれを運んだり、洗濯を干したり掃除をするのも全て手・腕の働きです。仕事でも、パソコンを打つ、機器を操作する、運転でハンドルを動かす、ものを書く・・・と、大半の作業は手で行います。スポーツでもそうですね。手を使わない競技はほとんどないほどです。
このように、私たちが日々の生活を送る上で、手・腕の働きは不可欠なものです。非常によく使っている反面、手・腕は知らず知らずのうちに疲労が蓄積されています。しかし、手・腕は精密な動作ができるほど細かい神経と筋肉が発達しているにも関わらず、実はなかなか疲労感や痛みを感じにくい部分でもありのです。そのため、手の疲労感・痛みを感じたときには、既に症状が重くなっていることも多いのです。

手・腕の疲れが蓄積すると、以下のような症状として表れることがあります。
・首・肩こり
・手首の痛み
・肘の痛み(テニス肘・ゴルフ肘になることも)
・腱鞘炎
・握力低下
・手・肘の可動制限

手・腕が故障・ケガをすると普段の生活に響いてきますので、普段から疲れを残さないケアが必要といえるでしょう。ここで、簡単にできるセルフケアを紹介しましょう。

【セルフケア−指回し】
@片方の手で指をつまみ、左右に回してみて、回しやすい・動かしやすいのはどちらかを見る。
191014-1.seitai.jpg

A回しやすい側を30〜40回まわし、次にまわしにくい側を同じようにまわす。
191014-2.seitai.jpg191014-3.seitai.jpg

B同じように5本の指すべて回します。※力を抜いて大きくまわすのがポイント
191014-4.seitai.jpg 
                      
この「指回し」は、上手に出来ると肩こりにも効果があり、また気持ちを落ち着かせる効果もあります。パソコンを使う方には特におススメのケアですので、ぜひ取り入れてみてください。

次回は、部位別のセルフケアを紹介します。
つづく

〔藤井先生プロフィール〕
藤井龍磨(ふじい りゅうま)
村上整体専門医学院卒
職歴/接骨院勤務、整体院勤務、クイックケア勤務を経て、八千代台整体院を開業
⇒お気軽にご相談ください/yachiyoseitai@ybb.ne.jp

●八千代台整体院-relaku- 047-482-1527
千葉県八千代市八千代台南1-3-6テイトビル5階(地図)京成八千代台駅から徒歩2分、1階は美容院「GIA」
営業時間/10:00〜20:00
定休日/水曜・第3木曜
※電話(若しくは直接受付)にて要予約
※ホームページ/http://www.yachiyo-seitai.com/index.html
〔八千代ナビ!気になるお店レポート〕
2006年10月27日 産後に歪んだ骨盤の駆け込み寺!八千代台整体院-relaku-
posted by やちなび子 at 09:39 | Comment(0) | 藤井先生コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

頭痛について(3)

今回は頭痛のタイプのうち、ケースとしては最も少ないのですが症状が一番辛いとされている頭痛「混合型頭痛」を最後にご紹介します。
→前回のコラム/頭痛について(2)

(3)混合型頭痛
【混合型頭痛の特徴】
・偏頭痛と緊張型頭痛が両方でるタイプ。
・月に1・2回程度の偏頭痛(強い痛み)と、毎日のように緊張型頭痛が続く。
・頭痛の中では、最も少数。

【混合型頭痛のメカニズム】
これは前回までにご紹介した(1)偏頭痛と(2)緊張型頭痛の原因、ふたつをもっているために、症状が両方出てしまいます。首・肩の緊張のほか、首のズレ、三叉神経の圧迫など、色々なことが重なっている場合が多く、非常に悪化している状態なので早急な処置が必要です。

【対策】
原因が特定しにくい頭痛なので、自己判断せずに、専門医等の診察を受けましょう。

(4)放っておくと危険な頭痛
頭痛はありふれた症状なので軽く見られがちですが、場合によっては命に関わることもあります。万一、下のどれかにあてはまる場合は、すみやかに病院へ行かれることをお勧めします。
【特徴】
・今まで経験したことがないような頭痛
・バットで殴られたように突然起こった頭痛
・早朝または朝方に起こる頭痛
・痛みが強烈な頭痛
・1週間以上続く強い頭痛
・1週間〜1か月の間にだんだんひどくなる頭痛
・麻痺やしびれ、けいれんを伴う頭痛
・意識があやふやになったり、訳のわからないことを口走ったりする頭痛
・ろれつが回らないなど、言葉がしゃべりにくくなる頭痛
・ボケをともなう頭痛
・ものが見えにくくなったり、二重に見えたりする頭痛
・めまいや吐き気をともなう頭痛
・力んだり、頭を振るとひどくなる頭痛
・高熱を伴う頭痛
・高齢になってからはじめて起こった強い頭痛

これらの頭痛は、脳内出血・梗塞・腫瘍など、脳の疾患が疑われるものの症状です。対応が遅れると命に関ってしまったり、後遺症が残る危険性もありますので、ひとつでも該当した方は早急に病院で診察を受けた方が良いでしょう。

〔藤井先生プロフィール〕
藤井龍磨(ふじい りゅうま)
村上整体専門医学院卒
職歴/接骨院勤務、整体院勤務、クイックケア勤務を経て、八千代台整体院を開業
⇒お気軽にご相談ください/yachiyoseitai@ybb.ne.jp

●八千代台整体院-relaku- 047-482-1527
千葉県八千代市八千代台南1-3-6テイトビル5階(地図)京成八千代台駅から徒歩2分、1階は美容院「GIA」
営業時間/10:00〜20:00
定休日/水曜・第3木曜
※電話(若しくは直接受付)にて要予約
※ホームページ/http://www.yachiyo-seitai.com/index.html
〔八千代ナビ!気になるお店レポート〕
2006年10月27日 産後に歪んだ骨盤の駆け込み寺!八千代台整体院-relaku-
posted by やちなび子 at 00:00 | Comment(0) | 藤井先生コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

頭痛について(2)

前回は、これといった原因がないのに頭痛が繰り返される慢性頭痛のうち「片頭痛」についてお話をいたしましたが、今回は「緊張型頭痛」について説明します。
→前回のコラム/頭痛について(1)

頭痛のなかでももっとも多いのが緊張型頭痛です。これは筋肉・血管が緊張・収縮することにより起こります。

(2)緊張型頭痛
【緊張型頭痛の特徴】
・肩こり、猫背、不良姿勢など、筋肉の緊張が原因で起こる。
・精神的ストレスによる緊張も関係する。
・首の骨のズレ、顎関節症、ムチウチ等、骨のズレも原因となる。
・頭痛の多数を占める(約8割)

【緊張性頭痛のメカニズム】
緊張性頭痛の原因は、ストレス・疲労・肩こり・頚椎のずれ・顎関節のずれ・ムチウチなどの首のケガ・眼精疲労・高血圧・内臓の不調などにより、筋肉や血管が緊張・収縮することにより起こります。緊張した筋は後頭部の神経である「大後頭神経」「小後頭神経」を圧迫し、これが頭痛という症状として表れるのです。
最近は仕事でパソコンを使う方が増え、肩こりからの頭痛が多くみられます。

【対策】
「緊張型頭痛」をやわらげるには、首・肩の筋肉の緊張が頭痛の原因なので、この筋肉の緊張を解いて緩めることが一番です。自宅で簡単にできることとして、ドライヤーを用いる方法があります。
髪を乾かすついでにドライヤーで首から肩、背中あたりまでを温めましょう。髪も乾き、筋肉の緊張が緩み、頭痛が和らぎます。蒸しタオルを当てるのも気持ち良く温まるのでいいですね。
作り方は、電子レンジに水に濡らしたタオルを入れて温めます。温まったら軽く絞りましょう。これで出来上がりです。(電子レンジから取り出したときは熱いので、火傷をしないように気をつけて下さいね。)
首・肩が暖まったら、軽いストレッチや体操を行うと、なお効果的です。これらを行っても頭痛が和らがない場合は、頚椎(首の骨)がずれていることも原因として考えられますので、整体で首の調整をするといいでしょう。

次回は混合型頭痛のお話です。

(続く)

〔藤井先生プロフィール〕
藤井龍磨(ふじい りゅうま)
村上整体専門医学院卒
職歴/接骨院勤務、整体院勤務、クイックケア勤務を経て、八千代台整体院を開業
⇒お気軽にご相談ください/yachiyoseitai@ybb.ne.jp

●八千代台整体院-relaku- 047-482-1527
千葉県八千代市八千代台南1-3-6テイトビル5階(地図)京成八千代台駅から徒歩2分、1階は美容院「GIA」
営業時間/10:00〜20:00
定休日/水曜・第3木曜
※電話(若しくは直接受付)にて要予約
※ホームページ/http://www.yachiyo-seitai.com/index.html
〔八千代ナビ!気になるお店レポート〕
2006年10月27日 産後に歪んだ骨盤の駆け込み寺!八千代台整体院-relaku-
posted by やちなび子 at 18:25 | 藤井先生コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

頭痛について(1)

頭痛は肩こり・腰痛に並び、日常的によくある症状のひとつです。ある医療機関の調査によると、日本で頭痛に悩む方は3,000万人にものぼるとか。頭痛は、年々患者数が増加していまして、最近では「頭痛外来」といった頭痛を専門的に治療する医療機関まで増えているほどです。けれども、実際のところ、まだまだこの疾患に対する社会的認知度が低いというのが現状で、我慢しながら頭痛と付き合っている患者さんが多いという問題があるのです。

1.頭痛のタイプ
これといった原因がないのに繰り返される頭痛を「慢性頭痛」といい、大きく分けると3タイプあります。
(1)片頭痛
(2)緊張型頭痛(※全体の8割)
(3)混合型頭痛

seitai-190817.1.gif

(1)片頭痛 
【片頭痛の特徴】
・思春期から40歳代までの女性に多い
・月に数回発作的に脈と同じリズムでズキンズキンと頭の片側、または両側が痛む
・吐き気、おう吐、光過敏・音過敏がある
・頭痛の前にきらきら光るジグザグの線が見えて視野が狭くなる。
・激しい痛みは、日常生活に支障をきたす
・頭痛の中では少数

【片頭痛のメカニズム】
もっとも有力なのは、脳内の血管が広がって脳細胞を圧迫するために頭痛を引き起こすという「血管説」です。血小板が作るホルモンは血管を収縮させる働きを持っています。このホルモンは、緊張した状態では、血管内にたくさん放出されているものの、ストレスから解放されると急激に減少します。こうした変化が、頭痛の引き金になるのです。また、三叉神経の誤作動による説もあります。

【対策】
脳内の血管の拡張が原因なので、これを鎮めるようにします。ストレスや過度のアルコール摂取、寝不足などが引き金になりますので、まずは基本的な生活スタイルを正すようにしましょう。痛みが出てしまったら痛む部分を冷やし、安静にします。冷やすと血管が収縮し、痛みが和らぎます。
整体の観点では、頭の骨・首の骨が変位し、神経を圧迫し神経のバランスが乱れていることが原因なので、これを調整すると痛みを緩和・解消できます。

次回は、緊張型頭痛についてです。
続く

〔藤井先生プロフィール〕
藤井龍磨(ふじい りゅうま)
村上整体専門医学院卒
職歴/接骨院勤務、整体院勤務、クイックケア勤務を経て、八千代台整体院を開業
⇒お気軽にご相談ください/yachiyoseitai@ybb.ne.jp

●八千代台整体院-relaku- 047-482-1527
千葉県八千代市八千代台南1-3-6テイトビル5階(地図)京成八千代台駅から徒歩2分、1階は美容院「GIA」
営業時間/10:00〜20:00
定休日/水曜・第3木曜
※電話(若しくは直接受付)にて要予約
※ホームページ/http://www.yachiyo-seitai.com/index.html
〔八千代ナビ!気になるお店レポート〕
2006年10月27日 産後に歪んだ骨盤の駆け込み寺!八千代台整体院-relaku-
posted by やちなび子 at 23:06 | 藤井先生コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする