2008年04月19日

背中の痛みについて(1)

皆さんは、背中はどこまでが背中の範囲になるかご存知ですか?
実は、背中の範囲に明確な定義はありません。私が整体を勉強していた学生時代の頃、背中とはどこまでだろう?と疑問に思いまして、生理学の先生に訊ねてみたところ、「明確な定義はありません」と言われてしまいました。おおむね、肩の少し下から腰の境目あたりといったところでしょうね。
今回は、背中の痛みの原因と場所のパターンについてです。

200420-1.seitai.jpg

(1)筋肉の緊張
一般的にいうコリ・張りによるもの。デスクワークやパソコンの使用による同じ姿勢や、スポーツや肉体労働により筋肉が疲労して硬く緊張することが痛みの原因になります。肩こりと並行して症状が出ることも。
(2)背骨の歪み
背骨が不良姿勢や同じ動作の繰り返し、事故などの衝撃などにより位置がズレることが原因。痛みの出る場所は筋肉と同じことが多い。
(3)風邪・免疫力の低下
膏盲(こうこう)という経穴(つぼ)があり、風邪や、免疫力が低下すると、ここが痛むことがあります。局所的な痛みが特徴。
(4)肋間神経痛
肋間神経が障害されると肋骨沿いに痛み・ピリピリしたシビレが出ます。肋骨を打撲したり、ゴルフ・野球などのスイングによって肋間 筋を傷める・緊張することや背骨の歪みが原因。
(5)胃・肝臓の疲労・機能低下
胃の後ろ辺りが硬くなって痛み、胸焼け・胃に重さなどの違和感がある場合は、胃の疲労・機能低下が原因です。肝臓の疲労・機能低下によっても起こります。

以上が、背中の痛みの主なパターンです。
痛みのでる場所は左右どちらにも起こり得ますし、混合したり、パターン通りにはでないこともありますので注意が必要です。

次回は自分でできる改善法についてです。

〔藤井先生プロフィール〕
藤井龍磨(ふじい りゅうま)
村上整体専門医学院卒
職歴/接骨院勤務、整体院勤務、クイックケア勤務を経て、八千代台整体院を開業
⇒お気軽にご相談ください/yachiyoseitai@ybb.ne.jp

●八千代台整体院-relaku- 047-482-1527
千葉県八千代市八千代台南1-3-6テイトビル5階(地図)京成八千代台駅から徒歩2分、1階は美容院「GIA」
営業時間/10:00〜20:00
定休日/水曜・第3木曜
※電話(若しくは直接受付)にて要予約
※ホームページ/http://www.yachiyo-seitai.com/index.html
〔八千代ナビ!気になるお店レポート〕
2006年10月27日 産後に歪んだ骨盤の駆け込み寺!八千代台整体院-relaku-


posted by やちなび子 at 00:00 | Comment(0) | 藤井先生コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。