2007年08月17日

頭痛について(1)

頭痛は肩こり・腰痛に並び、日常的によくある症状のひとつです。ある医療機関の調査によると、日本で頭痛に悩む方は3,000万人にものぼるとか。頭痛は、年々患者数が増加していまして、最近では「頭痛外来」といった頭痛を専門的に治療する医療機関まで増えているほどです。けれども、実際のところ、まだまだこの疾患に対する社会的認知度が低いというのが現状で、我慢しながら頭痛と付き合っている患者さんが多いという問題があるのです。

1.頭痛のタイプ
これといった原因がないのに繰り返される頭痛を「慢性頭痛」といい、大きく分けると3タイプあります。
(1)片頭痛
(2)緊張型頭痛(※全体の8割)
(3)混合型頭痛

seitai-190817.1.gif

(1)片頭痛 
【片頭痛の特徴】
・思春期から40歳代までの女性に多い
・月に数回発作的に脈と同じリズムでズキンズキンと頭の片側、または両側が痛む
・吐き気、おう吐、光過敏・音過敏がある
・頭痛の前にきらきら光るジグザグの線が見えて視野が狭くなる。
・激しい痛みは、日常生活に支障をきたす
・頭痛の中では少数

【片頭痛のメカニズム】
もっとも有力なのは、脳内の血管が広がって脳細胞を圧迫するために頭痛を引き起こすという「血管説」です。血小板が作るホルモンは血管を収縮させる働きを持っています。このホルモンは、緊張した状態では、血管内にたくさん放出されているものの、ストレスから解放されると急激に減少します。こうした変化が、頭痛の引き金になるのです。また、三叉神経の誤作動による説もあります。

【対策】
脳内の血管の拡張が原因なので、これを鎮めるようにします。ストレスや過度のアルコール摂取、寝不足などが引き金になりますので、まずは基本的な生活スタイルを正すようにしましょう。痛みが出てしまったら痛む部分を冷やし、安静にします。冷やすと血管が収縮し、痛みが和らぎます。
整体の観点では、頭の骨・首の骨が変位し、神経を圧迫し神経のバランスが乱れていることが原因なので、これを調整すると痛みを緩和・解消できます。

次回は、緊張型頭痛についてです。
続く

〔藤井先生プロフィール〕
藤井龍磨(ふじい りゅうま)
村上整体専門医学院卒
職歴/接骨院勤務、整体院勤務、クイックケア勤務を経て、八千代台整体院を開業
⇒お気軽にご相談ください/yachiyoseitai@ybb.ne.jp

●八千代台整体院-relaku- 047-482-1527
千葉県八千代市八千代台南1-3-6テイトビル5階(地図)京成八千代台駅から徒歩2分、1階は美容院「GIA」
営業時間/10:00〜20:00
定休日/水曜・第3木曜
※電話(若しくは直接受付)にて要予約
※ホームページ/http://www.yachiyo-seitai.com/index.html
〔八千代ナビ!気になるお店レポート〕
2006年10月27日 産後に歪んだ骨盤の駆け込み寺!八千代台整体院-relaku-


posted by やちなび子 at 23:06 | 藤井先生コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。