2007年06月28日

骨盤の歪みについて(2)

前回のコラムでは、@「骨盤の歪み」とは、骨盤の関節である“仙腸関節”がずれることにより、骨盤のバランスと働きが低下して関節がずれてしまっている状態であること、A関節の位置がずれたことで背骨の角度にも影響し、体全体の歪みの原因になること、の2点についてお話しました。
→前回のコラム/骨盤の歪みについて(1)

骨盤の関節がずれる方向というのは様々でして、前方(お腹側)・後方(背中側)・開く・閉じる・混合型などがあります。このようにずれてしまうのはどうしてなのでしょうか?
今回は、骨盤が歪む原因についてお話します。

骨盤が歪む原因として、主に以下のようなことが挙げられますが、こうした日常の何気ない動作の繰り返しが歪む原因になっています。

1.筋肉が疲労することで筋が緊張・弛緩し、不必要に骨を引っ張ったり、支えきれなくなる。
2.足を組む、アヒル座りなどの悪い姿勢。   

fuji.yugami1.gif

3.かばんを常に同じ側にかける。
4.スポーツや仕事等で常に同じ動作をとることで、体が徐々にその形で定着してしまう。
5.交通事故・ケガ・尻餅など、強い外力が加わる。
6.産後、骨盤の戻りが悪かった。
7.育児でいつも同じ側に抱っこをしている。

私たちの体は、睡眠中の寝返りなどの動きによって、ある程度の歪みは自然と修正されるようになっていますが、動作・癖などによって歪む状態が続いてしまうと、自然の修正が追いつかなくなり、歪みが定着してしまうのです。

日常生活で気をつけること
骨盤の歪みのほとんどが、日常生活の何気ない癖・動作が原因です。歪みが強くある場合は骨盤矯正が必要ですが、多少の歪みであれば生活習慣を改めることで改善できます。以下のことに注意して、歪みのない体になりましょう!

1.ヒールの低い靴を履く
重心が偏らないヒールの低い靴や、クッション性のあるスニーカーを
履いてみましょう。体重を足の内側にかけ、重心を外に逃がさないよう意識して歩くことで、骨盤の歪み・脚のむくみも起こりづらくなります。

fuji.yugami2.gif

2.両足均等に体重をかけてまっすぐ立つ
足の親指で地面を踏み込むと自然と足の内側に重心がかかり、骨盤が外に広がることがなくなります。重心は両足均等に、さらに内側に力を込めるように意識することで「縦の歪み」がなくなり、骨盤の高さが揃います。

3.イスに座る時はたたんだタオルを敷く
長時間イスに座っていると猫背になりますが、たたんだバスタオルやクッションをお尻の下の敷いて座ると、不思議と背筋が伸びて姿勢がよくなります。足を組まなくても楽に座れるようになるので、ぜひ試してみてください。

fuji.yugami3.gif

4.仕事中の姿勢をチェックする
デスクワークの方は、座り方・パソコンの位置をチェックしてみましょう。偏った座り方やパソコンを使用する際に体を捻ったりしていませんか?パソコンの位置が正面にない場合は、不自然な姿勢になってしまいますので、位置を変えるか、体の向きを変えましょう。

5.アヒル座りをしない・足をなるべく組まない
アヒル座りをすると、骨盤が緩まりずれやすくなります。
また、足を組むと、組んだ側の骨盤が後ろに傾き、骨盤の歪みの原因になります。組まないに越したことはないのですが、足を組むのなら交互に組むようにしましょう。

6.寝る時は大の字で!
寝ているときは無意識の動作が出てしまいがちですが、丸まったり横向きで寝ないように気をつけましょう。布団に大の字で、リラックスして寝ましょう!ただし、腰痛がある方は、無理に大の字で寝ずに楽な姿勢で寝てください。

次回は、症例の紹介です。
(続く)

〔藤井先生プロフィール〕
藤井龍磨(ふじい りゅうま)
村上整体専門医学院卒
職歴/接骨院勤務、整体院勤務、クイックケア勤務を経て、八千代台整体院を開業
⇒お気軽にご相談ください/yachiyoseitai@ybb.ne.jp

●八千代台整体院-relaku- 047-482-1527
千葉県八千代市八千代台南1-3-6テイトビル5階(地図)京成八千代台駅から徒歩2分、1階は美容院「GIA」
営業時間/10:00〜20:00
定休日/水曜・第3木曜
※電話(若しくは直接受付)にて要予約
※ホームページ/http://www.yachiyo-seitai.com/index.html
〔八千代ナビ!気になるお店レポート〕
2006年10月27日 産後に歪んだ骨盤の駆け込み寺!八千代台整体院-relaku-


posted by やちなび子 at 23:52 | Comment(0) | 藤井先生コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。