2007年05月21日

ギックリ腰について(3)

ギックリ腰というのは、「腰に激痛が走る」という点では変わりませんが、大きく5つのタイプに分けることが出来ます。
1.関節タイプ・・・関節を損傷した・関節がずれたもの
2.筋肉タイプ・・・筋肉を損傷・過緊張したもの
3.混合タイプ・・・関節・筋肉の両方を損傷したもの
4.椎間板タイプ・・・椎間板を損傷したもの
5.内臓疲労性タイプ・・・内臓疲労性のもの
前回は「1.関節タイプ」について紹介しましたが、引き続き「2.筋肉タイプ」から説明していきましょう。
→前回のコラムはこちら/ギックリ腰について(1)ギックリ腰について(2)

2.筋肉タイプ
このタイプは、関節ではなく筋肉だけを痛めたものです。特に痛めた記憶はないけれども、徐々に腰が痛くなり、いつの間にか激痛になってしまうというタイプです。
このギックリ腰の原因は、元々緊張していた足・腰・腹部の筋肉を、更に緊張させてしまうことや、軽く痛めて炎症を起こした筋が、時間の経過により更に炎症を増してしまったということにあります。特に、慢性腰痛をお持ちの方がなりやすいタイプです。
起床時に腰が痛い、腰が伸びない、曲げれないという方は、筋肉タイプのギックリ腰になりかけているので、早急な対処が必要です。
整体・針等で、筋肉の過緊張と炎症を緩和すると痛みはひきますが、過緊張したときに筋肉を痛めている場合はそこに傷があるので、回復に多少時間がかかります。また、「筋肉が緊張しているからほぐせば良い」と下手に触ると、悪化しますので注意してください。

〔症例/40代男性〕
慢性的に腰痛があり、朝は腰が伸びず、動いているうちに良くなってくるという毎日でしたが、昨日は動いているうちに痛みが増し、ついには動けなくなってしまいました。「今日は何とか動けますが、腰が痛くて伸ばせません。」と、来院。
触診したところ、足・腰・腹部がカチカチに緊張しています。痛みが強くあり腰に触れることが出来ないので、足から緊張を取って腹部を和らげ、骨盤を整えることに。施術後は痛みが和らぎ、腰が伸ばせるようになりました。
次の日には、痛みが少しある程度に回復されたようです。残っていた筋肉の緊張をとると、痛みも無くなったとのこと。慢性腰痛が原因なので、以後は定期的に施術を受けていただきました。現在では、毎朝悩まされていた腰痛も出なくなったそうです。

3.混合タイプ
これは、関節がずれたときに筋肉と関節の両方を痛める、若しくは過緊張を起こしてしまったときに生じるギックリ腰で、最もよく見られるタイプです。
筋肉が緊張している上に関節のずれがあるので、炎症が引きにくく、ギックリ腰になった後に安静にしていてもなかなか治りにくく、再発もしやすいのがこのタイプ。これは痛めたときのショックや歪みが、体に残っているためです。
施術では、まず歪みを取ってからショックを除き、弱った筋を強化することで、再発しなくなります。

〔症例/30代男性〕
以前も2回ギックリ腰になった経験がある方で、今回は一週間前に腰を痛めたそう。病院に行って検査をするも特に異常はなく、湿布と鎮痛剤を処方されたものの痛みが緩和しないので、こちらへ来院されました。
痛めてから一週間も経過しているのに、腰の痛みでまっすぐ立てず、前かがみで足を引きずるように歩いています。施術ベッドへうつ伏せに寝てもらうと、背骨が全体的に左に寄り、背中から腰・足までの筋肉が過緊張しています。さらに、腰を触診すると熱をもっていました。
まだ炎症があるので、冷やして炎症を鎮めつつ施術を行います。痛みが出ないよう、足から緊張を和らげていきます。特に腹部が緊張していましたので、そこを重点的に行い、骨盤と背骨の偏りを調整したところ、痛みは3分の1ほどに落ち着き、まっすぐ立てるようになりました。
2日後、2度目の施術を行いました。
「普通に立っている分には痛くはないが、前かがみがつらい」とのことでしたので、骨盤と背骨の調整を重点的に行います。施術後は痛みが無くなり、さらに3日後に来院したときにも痛みは消えていました。腰がなんとなく重いというので、全体的に調整して重さを解消します。
ギックリ腰は今回で3度目、筋肉の緊張と体の歪みが定着していました。この3度目の施術で痛みがキレイになくなったので、今後のケアのために弱っている筋肉のトレーニング方法をお伝えし、施術終了となりました。

次回は、椎間板と内臓疲労性のギックリ腰のお話です。
(続く)

〔藤井先生プロフィール〕
藤井龍磨(ふじい りゅうま)
村上整体専門医学院卒
職歴/接骨院勤務、整体院勤務、クイックケア勤務を経て、八千代台整体院を開業
⇒お気軽にご相談ください/yachiyoseitai@ybb.ne.jp

●八千代台整体院-relaku- 047-482-1527
千葉県八千代市八千代台南1-3-6テイトビル5階(地図)京成八千代台駅から徒歩2分、1階は美容院「GIA」
営業時間/10:00〜20:00
定休日/水曜・第3木曜
※電話(若しくは直接受付)にて要予約
※ホームページ/http://www.yachiyo-seitai.com/index.html
〔八千代ナビ!気になるお店レポート〕
2006年10月27日 産後に歪んだ骨盤の駆け込み寺!八千代台整体院-relaku-


posted by やちなび子 at 00:00 | Comment(0) | 藤井先生コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。