2007年01月18日

坐骨神経痛について(1)

先日、腰痛と左足の痛み・シビレで50歳代の女性が来院されました。若い頃から腰痛があり、4・5年前に足の裏を痛めて以来(足底筋膜炎)、左足の痛みとシビレが出るようになったそうです。
『病院でレントゲンを撮ってもらったのですが、ヘルニアではなく「坐骨神経痛」と診断されました。その際、鎮痛剤などを処方されましたが、なかなか痛みは緩和されず・・・。病院以外にも、針灸やマッサージなど様々な施術を試してみたんですが、あまり思うような効果が得られず悩んでいたところ、娘にこちらの八千代台整体院を紹介されまして。』

この患者さんは、すでに痛みが慢性化してしまっており、左足をひきずっている状態。体が左右に揺れてしまい、まっすぐには歩けません。
下の写真で見ても、体が左に傾いていて首も傾いています。さらに、肘の位置も左右で違います。

190116-1seitai.jpg

この姿勢を見た私は、腰の悪さに加えて、首や肩も傾いていて良くないようだったので、そのあたりの状態についても尋ねてみますと、やはり左肩を挙げると痛みがあるそうです。
そこで、うつぶせに寝てもらい全身をチェックしてみることに。
全身の筋は硬く緊張し、腰にはネジレがあります。これでは痛みやシビレが発生して当たり前の状態!

「坐骨神経痛」は、腰から足の筋の緊張、また腰椎(腰の背骨)・骨盤の歪みによって坐骨神経を圧迫し、痛みやシビレが出る症状です。重症の場合は椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症が原因のときもありますが、筋・骨格の歪みにより、神経が圧迫されていることが原因の場合が多々あります。筋や骨格が歪むと姿勢が悪くなってしまい、元々あった症状を更に輪をかけて悪化させてしまうという悪循環。この女性は、まさにそのタイプでした。

施術内容は、全身の筋をほぐして緊張を緩め、腰椎・骨盤を矯正し、腰のネジレの原因である腸腰筋と腹部の調整を行うというものです。
施術後は腰の痛みはなくなり、少し足が重く感じるものの、シビレも消失。更に姿勢も改善されました。

190116-2seitai.jpg

施術後は歩行時の足の引きずりもなくなり、まっすぐ歩けるようになりました。ご本人も「何年か振りに、腰と足が痛くない!」と喜んでいらっしゃいました。
長い間歪んだ状態が続いていたので、元に戻りやすい状態であることを説明し、初回を終了しました。このまま何回かの施術で順調に良くなるかな?と思っておりましたが、この後意外な落とし穴が!
(次回へ続く)

〔藤井先生プロフィール〕
藤井龍磨(ふじい りゅうま)
村上整体専門医学院卒
職歴/接骨院勤務、整体院勤務、クイックケア勤務を経て、八千代台整体院を開業
⇒お気軽にご相談ください/yachiyoseitai@ybb.ne.jp

●八千代台整体院-relaku- 047-482-1527
千葉県八千代市八千代台南1-3-6テイトビル5階(地図)京成八千代台駅から徒歩2分、1階は美容院「GIA」
営業時間/10:00〜20:00
定休日/水曜・第3木曜
※電話(若しくは直接受付)にて要予約
※ホームページ/http://www.yachiyo-seitai.com/index.html
〔八千代ナビ!気になるお店レポート〕
2006年10月27日 産後に歪んだ骨盤の駆け込み寺!八千代台整体院-relaku-


posted by やちなび子 at 00:00 | Comment(0) | 藤井先生コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。