2007年01月06日

首・肩こりについて

最近なんとなく肩が張る、首が重く感じる、偏頭痛が出るなどということはありませんか?首・肩のコリ(以下、肩コリ)は、腰痛と並んで日常生活の中でよくある生活習慣病のひとつですが、どなたでも一度は経験しているのではないでしょうか?

肩コリの原因は、首・肩周辺の筋肉が緊張し(コリ)、血管を圧迫して血行不良を起こし、筋が酸素不足に陥って老廃物が蓄積することにより起こります。肩コリの怖いところは、慢性的な肩コリは筋の緊張が強まって神経を圧迫し続け、これが手のしびれや冷感の原因となるということです。さらに、緊張した筋が背骨を引っ張り、背骨の位置がずれてしまうことで身体が歪み、関節や椎間板に負担をかけ、寝違えたり頚椎ヘルニアの原因になってしまうこともあるのです。

では、どのような生活・姿勢が肩コリのもととなるのでしょうか?普段の生活を思い浮かべながら、以下の項目をチェックしてみましょう。
1.パソコンや事務で一日中、机に向かっている
2.仕事などで細かい作業をしている
3.手の疲れが日常的にある
4.眼精疲労がある
5.猫背だ
6.手がしびれることがある
7.物を手に取ると、よく落としてしまう
8.運動不足気味である
9.交通事故や転倒して、首を痛めたことや強い衝撃を受けたことがある
10.甘いものや油物が好き
11.体重が標準よりオーバーしている
12.偏頭痛が出ることがある

いかがでしたか?
これらの項目に5個以上当てはまる方は、すでに肩コリがあるか、もうすぐ肩コリになる可能性が高い方です。運動と生活改善が今すぐ必要です!
3〜4個当てはまる方は、油断すると肩コリになりやすい方です。今後の生活改善が重要です。2個以下の方は、予防として運動をしたり、生活を再度見直してみましょう。

では、改善策として何を注意すればよいのでしょうか?
まず、筋肉が硬くならないように、こまめに首・肩を動かし、その後にストレッチをすることが効果的です。肩を回すときには、腕だけを回すのではなく、胸を張るように回し、肩甲骨をよく動かすようにします。
肩コリに最適な運動としては、水泳がオススメです。
食事が偏りがちな方は、緑黄色野菜を多く採り、油物は控えめに。

〔肩コリ解消体操〕
■肩の上げ下げ体操
@ゆっくり力一杯、両肩を持ち上げ、そのまま首をゆっくり前に倒す。
A倒したところで5つ数える。
Bゆっくり首と肩の力を抜き、元にもどる。
(@〜Bを20回繰り返す)

■首の体操
@右手を右のこめかみにあて、右手を押すように首に力を入れて5つ数える。
(左も同様に行う)
A両手を頭の後ろに組んで、首を押し下げるように力を入れ、それに抵抗するように首の後ろに力を入れて5つ数える。

■胸の体操
@胸を張り、背中の筋肉を縮める。
A胸を閉じ、背中の筋肉を伸ばす。

■肩のストレッチ体操
@両手を頭の後ろで組む。
Aゆっくりと片方ずつの手で右へ左へ引っ張る。
(組んだ手の部分が、反対側の肩まで届けば方の動きは正常)

■腕のストレッチ体操
@肘を力一杯伸ばした状態で、手首を力一杯上にそらし、5秒間キープ。
(肘を曲げてはいけない)
A肘を力一杯伸ばした状態で、手首を力一杯下に曲げる。

〔藤井先生プロフィール〕
藤井龍磨(ふじい りゅうま)
村上整体専門医学院卒
職歴/接骨院勤務、整体院勤務、クイックケア勤務を経て、八千代台整体院を開業
⇒お気軽にご相談ください/yachiyoseitai@ybb.ne.jp

●八千代台整体院-relaku- 047-482-1527
千葉県八千代市八千代台南1-3-6テイトビル5階(地図)京成八千代台駅から徒歩2分、1階は美容院「GIA」
営業時間/10:00〜20:00
定休日/水曜・第3木曜
※電話(若しくは直接受付)にて要予約
※ホームページ/http://www.yachiyo-seitai.com/index.html
〔八千代ナビ!気になるお店レポート〕
2006年10月27日 産後に歪んだ骨盤の駆け込み寺!八千代台整体院-relaku-


posted by やちなび子 at 00:16 | Comment(0) | 藤井先生コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。