2009年06月16日

肩こりについて(5)

前回は肩こりの原因として考えられる(4)内臓の不調による肩こりについて紹介しましたが、今回は複合型の肩こりについてお話していきます。
→前回のコラム/肩こりについて(4)

(5)複合型の肩こり
複合型とは、「背骨のずれから筋肉が緊張する肩こり」、「背骨のズレや筋肉の緊張で椎間板に負担が掛かり、肩・首周りが痛む肩こり」、「内臓不調から筋肉が緊張して骨をひっぱることによる肩こり」など、様々な要因が重なって起きる肩こりをいいます。
肩こりで最も多く見られる複合型は、まず筋肉が疲労や不良姿勢により緊張するところから始まります。筋肉は緊張すると短縮する性質を持っているため背骨などの骨を引っ張り、これによって“骨のズレ”が発生。そのためさらに筋肉が緊張し肩こりがひどくなる、というパターンです。
これが悪化すると椎間板が圧迫されて狭くなり、ヘルニアの原因になることがあります。長期間肩こりが出続けている方は、このような状態になっていることが多いようです。

次に多いパターンは、まず背骨のズレが発生することによって、筋肉が緊張するというものです。これは主に事故や怪我などの外傷により外力が掛かったことが原因になります。

肩こりで最も症状が重い“椎間板がつぶれたタイプ”は、ほとんどが複合型によるものです。筋肉の緊張・背骨のズレ、椎間板の圧迫など複合的な原因によるものであるため、単に椎間板がつぶれているからと牽引をしても、なかなか良くなりません。このような症状の場合は、筋肉や骨のズレの治療することも必要となりますので、整体などで総合的に治療していくことで改善が早まります。

次回は病的疾患による肩こりのお話です。
(続く)

〔藤井先生プロフィール〕
藤井龍磨(ふじい りゅうま)
村上整体専門医学院卒
職歴/接骨院勤務、整体院勤務、クイックケア勤務を経て、八千代台整体院を開業
⇒お気軽にご相談ください/yachiyoseitai@ybb.ne.jp

●八千代台整体院-relaku- 047-482-1527
千葉県八千代市八千代台南1-3-6テイトビル5階(地図)京成八千代台駅から徒歩2分、1階は美容院「GIA」
営業時間/10:00〜20:00
定休日/水曜・第3木曜
※電話(若しくは直接受付)にて要予約
※ホームページ/http://www.yachiyo-seitai.com/index.html
〔八千代ナビ!気になるお店レポート〕
2006年10月27日 産後に歪んだ骨盤の駆け込み寺!八千代台整体院-relaku-




posted by やちなび子 at 07:27 | Comment(0) | 藤井先生コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。