2009年03月30日

肩こりについて(4)

前回は肩こりの原因として考えられる(4)神経の圧迫について紹介しましたが、今回は(5)内臓の不調による肩こりについてお話していきます。
→前回のコラム/肩こりについて(3)

(5)内臓の不調による肩こり
肩こりと内臓は一見関係がないように思えますが、内臓の不調が原因で起こることがあります。内蔵の不調とは、潰瘍や腫瘍などの病変を指すこともありますが、ここでは内蔵の機能が低下したり、荒れていたり、軽い炎症が起きている状態をいいます。

なぜ、内臓不調が肩こりに関係するのでしょうか?

それは神経との関係です。
痛みは神経の働きによって感じています。内臓に痛みがあると、内臓からの神経刺激が末梢神経から脊髄神経に入り、脊髄から脳に伝わり、痛みを認識します。

内臓の痛み → 末梢神経に伝達 → 脊髄 → 脳 → 痛みを認識

その際に、内臓の痛みを認識する知覚神経と、皮膚表面の痛みを認識する知覚神経が脊髄の元の部分ではくっ付いているために、内臓の痛みが皮膚の痛みと混線し、肩こりとして感じてしまうのです。これを内臓関連痛といいます。心臓が悪かったり、血圧が高いと肩こりが悪くなるのはこのタイプです。

もうひとつは、内臓不調が自律神経に影響することが関係しています。胃・腸・肝臓などの消火器系の調子が悪いと、自律神経が乱れて交感神経が亢進し、体が緊張状態になり、リラックスできなくなります。すると、体の力が抜けない緊張状態になるために、首や肩、背中などが強張り、肩こり症状が出てくるのです。
(イライラなどのストレスと内蔵の不調では原因は異なりますが、イライラしていたり、怒っていると肩こりが出るのも、自律神経が乱れ、緊張状態になる点では同じことと言えます。)

肩こり = 内臓不調ではありませんが、内蔵不調が肩こりに影響することもありますので、肩こりがありつつ、お腹の調子が悪かったり血圧が高い方は、内臓を考えてみるのもいいでしょう。
(続く)

〔藤井先生プロフィール〕
藤井龍磨(ふじい りゅうま)
村上整体専門医学院卒
職歴/接骨院勤務、整体院勤務、クイックケア勤務を経て、八千代台整体院を開業
⇒お気軽にご相談ください/yachiyoseitai@ybb.ne.jp

●八千代台整体院-relaku- 047-482-1527
千葉県八千代市八千代台南1-3-6テイトビル5階(地図)京成八千代台駅から徒歩2分、1階は美容院「GIA」
営業時間/10:00〜20:00
定休日/水曜・第3木曜
※電話(若しくは直接受付)にて要予約
※ホームページ/http://www.yachiyo-seitai.com/index.html
〔八千代ナビ!気になるお店レポート〕
2006年10月27日 産後に歪んだ骨盤の駆け込み寺!八千代台整体院-relaku-


posted by やちなび子 at 10:41 | Comment(0) | 藤井先生コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。