2008年10月25日

肩こりについて(1)

今回は肩こりについてのお話です。第2回目のコラム(→こちら)でも肩こりは紹介しましたが、今回はより詳しくお伝えしていきたいと思います。

肩こりは、その名の通り肩の周辺がこったり、頚(首)・肩・背中辺りまでの筋肉(一般的には筋という方が多い)が緊張して血管を圧迫することで血行不良を起こし、筋肉が酸素不足になり老廃物が蓄積、張り感(凝っている感覚)・鈍痛・鋭い痛み・動作不良(首が回らないなど)の症状がでます。
日常的によくある症状なので、ついつい軽く見てしまいがちですが、肩こりの悪化によって派生する症状として、寝違え・頚椎ヘルニア・手の痺れ・冷感・頭痛・顔のむくみ・自律神経の乱れ・顎の痛み、顔面神経痛・血圧の上昇などがあるため、“たかが肩こり”と侮ると、さらに健康を害することになりかねません。

肩こりの原因は、以下(1)〜(7)が考えられます。
(1)筋肉の緊張
(2)骨のズレ
(3)椎間板のつぶれ 
(4)神経の圧迫 
(5)内臓不調  
(6)複合型
(7)病的疾患 

これらをひとつずつ見ていきましょう。

(1)筋肉の緊張
筋肉の緊張(コリ)の肩こりでは、主に首から肩、背中にまで付着している「僧帽筋」の緊張が大きな原因です。この筋肉は広範囲にあるために、首や肩、背中と色々な場所が凝ったり、痛くなったりします。

201025-1.seitai.gif

筋肉が緊張する原因は、不良姿勢(猫背のような悪い姿勢)・同一姿勢のとりすぎ(パソコンを使用する時の姿勢など)、筋肉疲労・運動不足・枕が合わない・ストレス・自律神経の乱れなどがあります。これらが原因で筋肉が緊張すると、血管を圧迫して血行不良を起こし、筋肉が酸素不足になってしまうので老廃物が蓄積し、それによって痛みが発生してきます。
ちょっとした筋肉の緊張であれば、お風呂や睡眠、適度な運動によって筋肉がほぐれることで解消できますが、慢性的な筋肉の緊張の場合、筋肉がリラックスできない状態、いわゆる“緊張するのが当たり前”になる悪い癖が体についてしまっているため、整体などの施術によって正しい状態を体に思い出させ、癖を抜かないことにはなかなか良くなりません。この筋肉の緊張は、肩こりの根本的な原因のため、肩こりの他の原因の全て(2)〜(7)とも連動しています。

次回は(2)骨のズレの紹介です。
(続く)

〔藤井先生プロフィール〕
藤井龍磨(ふじい りゅうま)
村上整体専門医学院卒
職歴/接骨院勤務、整体院勤務、クイックケア勤務を経て、八千代台整体院を開業
⇒お気軽にご相談ください/yachiyoseitai@ybb.ne.jp

●八千代台整体院-relaku- 047-482-1527
千葉県八千代市八千代台南1-3-6テイトビル5階(地図)京成八千代台駅から徒歩2分、1階は美容院「GIA」
営業時間/10:00〜20:00
定休日/水曜・第3木曜
※電話(若しくは直接受付)にて要予約
※ホームページ/http://www.yachiyo-seitai.com/index.html
〔八千代ナビ!気になるお店レポート〕
2006年10月27日 産後に歪んだ骨盤の駆け込み寺!八千代台整体院-relaku-



posted by やちなび子 at 21:37 | Comment(0) | 藤井先生コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。