2008年08月21日

股関節の痛み(1)

股関節は人体の関節の中で最大の関節です。骨盤と下肢(太もも・膝・足など)をつなぎ、歩行によって体が移動できるようにする非常に重要な関節です。

200820-1.seitai.gif

股関節の疾患は、関節疾患のなかで最も多く、成長期にある小児と成人ではその疾患・病態も異なります。また、股関節の疾患であるにもかかわらず、痛みが股関節ではなく、膝関節や大腿部に出るケースも多くみられます。さらには、股関節の疾患によって生じた下肢の短縮・股関節の“ずれ”が原因で、骨盤の傾斜を引き起こしてしまい、体全体のバランスが乱れて脊柱の側彎・腰痛をまねくこともあるのです。
今回は、成人に見られる股関節痛についてお話していきましょう。

【単純性股関節炎】
日常的に最もなりやすい股関節痛です。
痛みは膝・大腿前面から始まり、しばらく時間がたつと股関節痛になります。仰向けで股関節を完全に伸ばせない・外転すると痛む・完全に曲げると痛む・跛行(はこう)がある、などといった症状が生じます。
風邪や激しい運動をした後に出ることが多く、レントゲン・超音波などの検査をしても異常はほとんど見られません。

【大腿骨頭壊死症】
大腿骨頭壊死症(だいたいこっとうえししょう)は、骨頭への血流が妨げられて起こる病気です。骨折やその他の疾患が原因となって起こる場合もありますが、多くの場合、ステロイド剤の服用やアルコールの常時の摂りすぎが引き金となっています。

200820-2.seitai.gif

症状としては、骨頭の内部が壊死するだけでそのまま治ってしまう、若しくはほとんど進行しない場合もあります。しかし、いったん進行すると、骨頭に陥没ができて関節面も変形し、寛骨臼が正常に保たれず破壊されていきます。
最初のうちは、歩行時や階段の上り下りの際に股関節に痛みを感じる程度ですが、進行するとその痛みが持続するようになります。更に痛みのめに筋肉が萎縮(いしゅく)し、股関節自体の動きが悪くなって、正常に歩けなくなってしまいます。

次回は変形性股関節症と、股関節の痛みの原因についてです。
つづく

〔藤井先生プロフィール〕
藤井龍磨(ふじい りゅうま)
村上整体専門医学院卒
職歴/接骨院勤務、整体院勤務、クイックケア勤務を経て、八千代台整体院を開業
⇒お気軽にご相談ください/yachiyoseitai@ybb.ne.jp

●八千代台整体院-relaku- 047-482-1527
千葉県八千代市八千代台南1-3-6テイトビル5階(地図)京成八千代台駅から徒歩2分、1階は美容院「GIA」
営業時間/10:00〜20:00
定休日/水曜・第3木曜
※電話(若しくは直接受付)にて要予約
※ホームページ/http://www.yachiyo-seitai.com/index.html
〔八千代ナビ!気になるお店レポート〕
2006年10月27日 産後に歪んだ骨盤の駆け込み寺!八千代台整体院-relaku-


posted by やちなび子 at 00:00 | Comment(0) | 藤井先生コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。